MENU

【2024年5月】ここが一番安い!おすすめインターネット回線をご紹介!

安いインターネット回線をお探しですか?

今は水道・電気・ガスと同じくインターネット回線は生活の一部となっているので、毎月かかる通信費を安くできればそれだけで節約もできますよね。

この記事では、安いインターネット回線の選び方と、インターネット回線費を極力安く抑えられるおすすめの安いインターネットを、光回線、ホームルーター、ポケット型WiFiの順にご紹介します。

※表記している価格は税込みです。

クリックすると解説にジャンプします。

  
目次

安いインターネット回線の選び方

安いインターネットの選び方

安いインターネット回線を探すのも大切ですが、インターネット回線は自分の使用目的や利用頻度に合ったものを選ぶことがまず重要です。

自分に合っていないインターネット回線を選んでしまうと、毎月のインターネット料金が無駄に高くなってしまったり、データ通信量が足りなくなったり不便を感じてしまうこともあります。

インターネット回線は主に、光回線」「ホームルーター」「ポケット型WiFiの3種類があるので、あなたに合ったインターネット回線を選ぶようにしましょう

光回線ホームルーターポケット型WiFi
月額料金の相場戸建て:4,500~6,200円
マンション:3,500~4,500円
4,500~5,000円2,000~4,000円
速度
工事有り無し無し
月間のデータ通信量無制限無制限制限あり
持ち歩き××

1.速度・安定性重視なら「光回線」を選ぼう

光回線 イメージ図2
※NTT東日本公式サイトより

「光回線」は光ファイバーを使ったインターネット回線で、速度が速く安定性に優れています。

月額料金の相場は戸建ては4,500~6,200円程度、マンションは3,500~4,500円程度で、マンションならホームルーターより安く使えることが多いです。

3人以上の家族で動画を視聴したり、YouTubeや動画配信サービス、オンラインゲームなどを速度制限を気にしないで思いっきり使いたい人は、回線速度が高速で安い光回線がおすすめです。

光回線の利用には工事が必要ですが、工事費無料のキャンペーンを実施している事業者を選べば工事費はかかりません。

また、光回線は光電話(固定電話)や光テレビをまとめて契約できるのもメリットの1つです。

2.工事不要なら「ホームルーター」がおすすめ

ホームルーター
※ソフトバンクエアー公式サイトより

「ホームルーター」は、工事不要で使える据え置き型のインターネット回線です。

月額料金の相場は4,500~5,000円と、戸建てなら光回線よりも安く利用できます。また、工事がないため工事費もかかりません。

工事をしたくない方・工事ができない建物にお住まいの方におすすめのインターネット回線です。

ホームルーターは自宅で利用することを前提としているため持ち歩きはできませんが、コンセントに挿せばすぐに使えるので便利です。

速度は光回線とポケット型WiFiの中間で、ポケット型WiFiよりも安定した通信ができます。

光回線よりも安い料金で、SNSやネットサーフィンだけでなく動画も長時間視聴したい方におすすめです。

ただし、光回線より速度が劣ってしまうので、家族みんなで同時で動画を視聴したりヘビーユーザーがいる家庭には不向きです。

3.持ち運びしたい・一人暮らし向け「ポケット型WiFi」

ポケット型WiFiの写真

インターネット回線の中で一番安いのは「ポケット型WiFi」で、2,000~4,000円程度で利用できます。

ポケット型WiFiはスマホよりも一回り小さいくらいの大きさで、持ち運びが可能です。外出先でもWiFiでインターネットを使いたい場合は、ポケット型WiFi一択ですね。

光回線のような工事がないため工事費はかかりませんし、申し込みから1~3日程度で届いてすぐにネットが使えます。

単身者やヘビーユーザーがいない1~2人の家庭でマンション住まいの場合は、ポケット型WiFiでも十分な場合があります。目安としては、ネットサーフィンや動画視聴を1日あたり2時間くらいしかしない家庭です。

光回線よりも速度は劣るので、オンラインゲームのように通信速度が必要な用途には不向きですが、ネットサーフィンやSNS、電車やバスの時刻表検索、標準画質の動画視聴くらいならポケット型WiFiでも十分です。

安い光回線おすすめ5選|月額料金が最安

YouTubeや動画配信サービス、オンラインゲームなどを速度制限を気にしないで思いっきり使いたい人は、回線速度が高速で安い光回線がベストです。

光電話(固定電話)がアナログ電話よりも格安で利用できますし、光テレビも月額800円くらいで契約できるところが多いです。

そして、光回線の安さを一番実感できるのはやはり月額料金です。毎月支払う月額料金が安ければ、節約の効果を感じられますよね。

当ブログで独自に実施したアンケート調査でも、インターネット回線を選ぶ際に月額料金の安さを重視している人が一番多いです。

アンケート結果のグラフ(インターネットを選ぶ際に月額料金が一番重視されている)
アンケートの集計方法について

2023年9月にWEBアンケートツール「Freeasy」にて、光回線の利用者200人にアンケート調査を実施しました。当記事の集計データはアンケート結果に基づくものです。

12社の月額料金を比較

それでは、人気の光回線を含めた12社の料金を比較してみたいと思います。

戸建てタイプマンションタイプ
@スマート光4,730円3,630円
GMOとくとくBB光4,818円3,773円
エキサイトMEC光1年目:4,428 円
2年目以降:4,950円
1年目:3,355円
2年目以降:3,850円
@nifty光~36ヶ月:5,060円
37ヶ月~:5,720円
~36ヶ月:3,828円
37ヶ月~:4,378円
NURO光5,200円5,200円
IIJmioひかり5,456円4,356円
ビッグローブ光5,478円4,378円
ソフトバンク光5,720円4,180円
ドコモ光5,720円4,400円
auひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740~5,720円
So-net光 M~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目~:5,995円
~24ヶ月目:3,520円
25ヶ月目~:4,895円
フレッツ光5,500円
+プロバイダ料(1,000円前後)
3,575〜4,675円
+プロバイダ料(1,000円前後)
※フレッツ光はNTT東日本エリアの場合。

当ブログでは何度かご紹介していますが、戸建て向け・集合住宅向けそれぞれで最安クラスの料金で提供しているおすすめ光回線は@スマ―ト光です。

一覧表で比較すると@スマート光の安さは一目瞭然です。大手携帯キャリアが提供しているソフトバンク光・ドコモ光・auひかりと比べた場合、約700~1,000円も安いですよね。

月額料金が業界最安クラスの「@スマート光」

@スマート光 @スマート光公式サイトより

@スマート光は、戸建て・マンション向けの光回線では最安クラスの料金で使えます。

戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費22,000円
→ キャンペーンで無料
契約期間なし
解約金なし
提供エリア全国

工事費もキャンペーンによって無料になります。凄いですね♪

他のインターネット回線のように、セット割や複雑なオプション契約はありません。インターネットと必要なオプションだけ契約すればいいので、初心者の方でも簡単に安く使えるインターネット回線と言えます。

Twitterなどで口コミを見ている限り、サポートの評判も良いです。

@スマート光は光コラボレーションのインターネット回線なので、NTTのフレッツ光と同じく全国で提供されています。

また、最低利用期間がないのでいつ解約しても解約金は無料です。「お客様の声でサービスを決めた」というほどですから、流石のサービスですね。

@スマート光は、シンプルに安いインターネット回線を使いたい方には本当におすすめです。

以下の記事では、実際に申し込んだレビューについて紹介しています。

安い光回線おすすめ5選|スマホとセット割で安く使える

安い光回線を契約する上では、月額料金ではなくスマホとセット割を組むというのも一つの方法です。先ほど紹介した@スマート光はスマホとのセット割を組むことができません。

しかし、大手携帯キャリアの光回線ではセット割が組めるので、ドコモやau、ソフトバンクなどのスマホユーザーにはセット割が組める光回線が安くておすすめです。

セット割で安く使いたい人におすすめの選び方

では、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の順に紹介していきます!

ドコモユーザーは「ドコモ光」が安い

ドコモ光×GMO GMOとくとくBBキャンペーンサイトより

インターネット回線を安く使く方法としては、月額料金が安いインターネットを使う以外にスマホや携帯電話とセット割を組むという方法があります。

ドコモ光にはドコモ光セット割があるので、ドコモユーザーはスマホの料金が毎月最大1,100円割引になります(ahamoユーザーは対象外。ahamoユーザーには、2023年7月1日から提供開始になっているahamo専用の光回線「ahamo光」が安くておすすめです)。

ドコモ光の月額料金は安い方ではありませんが、セット割を考慮すると格安で使うことができるんです。

戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円~4,400円~
事務手数料3,300円
工事費22,000円
→ キャンペーンで無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金5,500円4,180円
提供エリア全国

ドコモ光は20社以上のプロバイダから選べますが、プロバイダによってはドコモ光の月額料金が高くなったり安くなったりします。

月額料金が安いタイプのプロバイダの中でおすすめなのは、GMOとくとくBBです。GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込むと、dポイントプレゼントなどの公式キャンペーンに加えて、38,000円キャッシュバックを受け取れます。

さらに、GMOとくとくBBではIPv6対応の高速無線LANルーターが永年無料でレンタルできます。速度にも自信を持っているようで、サイト内では通信速度の全国平均も公開しています。

ドコモ光を安くお得に使いたいという方は、プロバイダはGMOとくとくBBを選ぶのがおすすめです。

au・UQモバイルユーザーは「auひかり」が安い

auひかり
※auひかり公式サイトより

auやUQモバイルユーザーもセット割を組むとお得にインターネットを利用できます。

安くておすすめの光回線は「auひかり」です。auひかりの月額料金自体は安くありませんが、auなら「auスマートバリュー」でスマホの料金が毎月550~1,100円割引UQモバイルなら「自宅セット割」で毎月638~1,100円割引になりますよ。

どちらも家族にauユーザー・UQモバイルがいれば最大10回線まで割引対象になるのでよりお得です。

auひかりの料金・スペックをチェックする
戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740~5,720円
(設備による)
事務手数料3,300円
工事費41,250円
→ キャンペーンで実質無料
33,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月間24ヶ月間
解約金4,730円2,290円
提供エリア東海・長野・関西を除く全国全国

また、工事費が実質無料、他社からの乗り換え費用負担(解約時の違約金を還元してくれる)などキャンペーンも充実しています。

さらに、株式会社NEXTという代理店のキャンペーンサイトから申し込むことで最大64,000円の超高額キャッシュバックを受け取れます。

auひかりは独自の回線設備を利用しているため、速度にも定評があります。料金の支払いもまとまるので管理も楽です。

auひかりの戸建てタイプは解約時に回線撤去費(31,680円)が必須でしたが、2022年7月から回線の撤去を希望しなければこの費用はかからなくなりました^^

auひかりの評判やサービス内容については、下の記事で詳しく解説しています。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは「ソフトバンク光」が安い

※ソフトバンク光公式サイトより

ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザーは、ソフトバンク光でセット割「おうち割光セット」を適用できるので安く利用できます。

ソフトバンク光は月額料金はそんなに安くありませんが、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になり(ワイモバイルは最大1,650円割引)、家族で最大10回線まで適用できるので、通信費をトータルで安くすることができるんです。

戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円4,180円
事務手数料3,300円
工事費31,680円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金5,720円4,180円
提供エリア全国

ソフトバンクのでんきとのセット割「おうち割でんきセット」も両キャリアを合わせて適用できます。

また、工事費が実質無料、他社からの乗り換えの際に解約金や工事費残債を最大10万円まで負担してくれるキャンペーンもありますので、乗り換え費用を安く済ませることができます。以下のキャンペーンサイトから申し込むことで、最大40,000円のキャッシュバックももらえますよ。

ソフトバンク光の評判やサービス内容については、下の記事で詳しく解説しています。

速度が速くコスパの良い「NURO光」

NURO光 NURO光公式サイトより

NURO光は月額料金が5,200円と安い上に無線LANルーターのレンタル料が無料なので、コスパ抜群の光回線と言えます。

戸建て・マンション(NURO光2ギガ(3年契約))
回線速度(下り)2Gbps
月額料金5,200円
事務手数料3,300円
工事費44,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年(4年目以降は2年の自動更新)
解約金3,850円
提供エリア北海道
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
愛知、静岡、岐阜、三重
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
岡山、広島、福岡、佐賀(一部地域を除く)

さらに、ソフトバンクユーザーはNURO光でもおうち割光セットが適用できます。スマホの料金が毎月最大1,100円割引になり、家族のソフトバンクスマホも最大10回線まで割引になりますよ。

また、キャンペーンにより工事費無料と60,000円キャッシュバックの特典もありますので、初期費用を安く抑えられます。他社からの乗り換えなら60,000円まで解約金を負担してもらえるので、気軽に乗り換えられます。

最大2Gbps(他のインターネット回線の倍となる速度)なので、速度を重視している人にもピッタリです。

提供エリアが狭いのが弱点ですが、戸建てタイプは他のインターネット回線と比較しても安いので、提供エリア内にお住まいであればおすすめです。

NURO光の料金やキャンペーンなどは、下の記事で詳しく解説しています。

楽天モバイルユーザーにおすすめ「楽天ひかり」

楽天ひかり
※楽天ひかり公式サイトより

楽天グループの「楽天ひかり」は、光コラボ(NTTのフレッツ光回線の卸売り)の一つです。

楽天ひかりと楽天モバイルをセットで利用すると、キャンペーンで楽天ひかりの月額料金が半年無料になります。

戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,280円
※楽天モバイルユーザーは月額料金が半年無料
4,180円
※楽天モバイルユーザーは月額料金が半年無料
事務手数料1,980円
工事費2,200~19,800円2,200~16,500円
契約期間2年
解約金5,280円4,180円
提供エリア全国

また、楽天市場での買い物はポイント7倍です(楽天会員+1倍、楽天ひかり+2倍、楽天モバイル+4倍)。

月額無料だけで総額で最大31,680円にもなるのでかなりお得です。

楽天モバイルのユーザーやこれから楽天モバイルに乗り換えを考えている人、楽天でポイ活をしている人には、楽天ひかりがおすすめですよ。

ただし、このキャンペーンは楽天ひかりを初めて契約する人が対象なので注意しましょう。

なお、楽天ひかりは光コラボの回線のため、フレッツ光や他社の光コラボからの乗り換えなら工事なし・工事費も0円です。

格安SIMユーザーにとって安い光回線

格安SIMユーザーには、セット割がある光回線ではなく月額料金自体が安い光回線がおすすめです。

セット割がなくても、月額料金自体が安ければインターネット代を安くすることができます。

安い光回線は先ほど紹介した最安クラスの@スマート光GMOとくとくBB光がおすすめです。

安い光回線については、下の記事で詳しく紹介しています。

安いホームルーターおすすめ2選|3社を比較

ホームルーターは主に3種類あり、3年間の実質月額料金を比較すると次のようになります。(実質月額料金=3年間でかかる月額料金、端末代金、事務手数料、キャッシュバックの合計を36ヶ月で割った料金)。

WiMAXモバレコAirドコモ home 5G
月額料金4,928円1~2ヶ月目:1,320円
3~24ヶ月目:3,080円
25ヶ月目~:4,180円
4,950円
端末代金実質無料実質無料実質無料
事務手数料3,300円3,300円3,300円
キャッシュバック32,000円17,000円20,000円
実質月額料金4,131円2,968円4,542円
※WiMAXの料金はとくとくBBホームWi-Fiで申し込んだ場合

WiMAXは様々なプロバイダから提供されていて、プロバイダによって月額料金が異なりますが、一番安いのは「とくとくBBホームWi-Fi」です。

ここでは、ホームルーターで安くておすすめの「とくとくBBホームWi-Fi」と「モバレコAir」を紹介します。

実質月額4,131円の「とくとくBBホームWi-Fi」

とくとくBBホームWi-Fi とくとくBBホームWi-Fi公式サイトより

とくとくBBホームWi-Fiは、料金が安くキャンペーンが充実しているホームルーターです。

32,000円のキャッシュバックという高額キャッシュバックがついてくるため、3年間の平均月額料金は4,131円と安くなっています。

とくとくBBホームWi-Fiの料金・スペック
月額料金4,928円
事務手数料3,300円 →無料
端末代金27,720円 →実質無料
キャッシュバック32,000円
回線速度最大4.2Gbps
回線WiMAX 2+, au 4G LTE, au 5G
データ通信量無制限
契約期間・解約金なし
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」で毎月550~1,100円の割引を受けられますし、UQモバイルならセット割「自宅セット割」で638~1,100円の割引も受けられます。

また、他社からの乗り換えの場合は、32,000円のキャッシュバックに加えて、乗り換えにかかった解約金だけでなく工事費や端末代の残債を最大70,000円までキャッシュバックしてくれますよ。

さらに、とくとくBBホームWi-Fiを使ってみて万が一満足できなかった場合や、自宅で光回線の工事ができるようになった場合は、無料で(違約金や端末の残債なしで)とくとくBBの光回線「GMOとくとくBB光」にアップグレードできます。初めてホームルーターを契約する人も安心の特典ですね。

注意点としては、一定期間に大容量のデータ通信を行うと速度制限がかかる場合があります。普通に使っている分には問題ありませんが、ヘビーユーザーは注意しましょう。

とくとくBBホームWi-Fiに興味がある方は以下の記事をご覧ください。

実質月額2,968円の「モバレコAir」

モバレコAir
※モバレコAirキャンペーンサイトより

「モバレコAir」は、インターネット事業を幅広く手掛ける株式会社グッドラックとソフトバンクが提携して提供しているホームルーターです。ソフトバンクのソフトバンクエアーと同じ機器を使います。

モバレコAirの最大の特徴は月額料金が安いことで、3年間は月額4,180円以下で利用できます。

さらに月額料金が安いだけでなく、17,000円のキャッシュバックまでもらえちゃいます。

Airターミナル5
月額料金1~2ヶ月目:1,320円
3~24ヶ月目:3,080円
25~36ヶ月目:4,180円
事務手数料3,300円
端末代金1,980円×36ヶ月
→実質無料
キャッシュバック17,000円
回線速度最大2.1Gbps
回線ソフトバンク(4G, 5G)
データ通信量無制限
契約期間・解約金なし

また、ソフトバンクユーザーなら毎月550~1,100円の割引ワイモバイルユーザーなら毎月550~1,650円の割引を受けられますよ。

とにかく料金が安いホームルーターが良い、という人には、ホームルーターの中で最も低価格なモバレコAirがおすすめです。

モバレコAirの機種代は「月月割」により実質無料になりますが、36ヶ月以内に解約すると機器の残債がかかるため、最低3年使うのがおすすめです。

モバレコAirはネットワークが混み合う夜間に速度制限がかかることがあります。ネットのヘビーユーザーにはWiMAX(とくとくBBホームWi-Fi)の方がおすすめです。

おすすめのホームルーターについては、下の記事で詳しく解説しています。

安いポケット型WiFiおすすめ2選|9社を比較

人気のポケット型WiFi9社の料金を比較してみましょう。

データ容量/月ポケット型WiFi月額料金
20GB
MONSTER MOBILE1,980円
THE WiFi2,068円
クラウドWiFi2,580円
50GB
MONSTER MOBILE2,530円
ゼウス WiFi1~3ヶ月目:1,480円
4~24ヶ月目:3,106円
25ヶ月目~:3,278円
Ex Wi-Fi CLOUD2,948円
FUJI WiFi2,970円
100GB
MONSTER MOBILE2,948円
ゼウス WiFi1~3ヶ月目:1,980円
4~24ヶ月目:3,212円
25ヶ月目~:3,828円
それがだいじWiFi3,267円
MUGEN WiFi3,718円

※月額料金はキャンペーン割引を除く通常時の料金

月間の通信量にもよりますが、ポケット型WiFiは月2,000~3,500円程度で利用できます。

その中でも最安級のポケット型WiFiとして当ブログでおすすめしているのは、「MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)」です。

MONSTER MOBILEは、他のポケット型WiFiよりも200~1,000円ほど安く使えることが多いです。

ここでは、ポケット型WiFiで安くておすすめのサービスを2つ紹介します。

月額1,980円~の最安級ポケット型WiFi「MONSTER MOBILE」

モンスターモバイル MONSTER MOBILE公式サイトより

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)は、最安級のポケット型WiFi、月額料金が1,980円~という安さです。

2年契約プラン縛りなしプラン
月額料金20GB/月1,980円2,640円
50GB/月2,530円3,190円
100GB/月2,948円3,938円
事務手数料3,300円
端末代金0円
最大通信速度下り:150Mbps/上り:50Mbps
回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間2年(自動更新なし)なし
解約金1~2年目:月額料金の1か月分
3年目以降~:0円
なし

端末代金は無料ですし、送料もかからないのは嬉しいですね。

月間のデータ容量の上限が決まっていて、万が一足りなくなった場合には500MB~30GBでのチャージが可能です。

また、MONSTER MOBILEは「2年契約プラン」「縛りなしプラン」の2パターンから選べます。2年契約の場合、24ヶ月以内に解約すると月額料金1ヶ月分の解約金がかかりますが、25ヶ月目以降はいつ解約しても解約金はかかりません。

MONSTER MOBILEに興味がある方は以下の記事をご覧ください。

縛りがない最安クラスのポケット型WiFi「クラウドWiFi」

クラウドWiFi
※クラウドWiFi公式サイトより

クラウドWiFiは、契約期間の縛りがないプランで最安級のモバイルルーターです。

20GBプラン50GBプラン100GBプラン
月額料金2,580円2,980円3,718円
初期費用3,300円
端末代金0円
端末U2sU2sU3
最大通信速度下り:150Mbps/上り:50Mbps
回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間・解約金なし

クラウドWiFiは契約期間がないため、いつ解約しても解約金がかかりません。短期利用を予定している人や、長期で使うか分からない人におすすめです。また、最近は次々に新しいサービスや料金プランが出ているので、1年くらいでその都度最適なサービスに乗り換えたい人にも向いていますね。

クラウドWiFiはSIMカードなしの「クラウドSIM」で、複数のキャリアの回線から最適な回線の電波を利用できます。エリアによるキャリアとの相性を気にすることなく、いつでも快適にインターネットを楽しめますよ。

また、海外でも利用できます。

おすすめのモバイルルーターについては、下の記事で詳しく解説しています。

【独自アンケート】インターネットの平均月額料金を調査

ネットの平均月額料金をアンケート調査しました

インターネット回線には料金相場はあるものの、実際にみんなが毎月インターネットにどのくらいの月額料金をかけているのかはなかなか知る方法がありません。

そこで、当ブログ独自でインターネット回線の利用者84人にアンケート調査を実施してみました。

下の表は、光回線、ホームルーター、モバイルルーターそれぞれにかかっている平均月額料金をまとめたものです。

戸建てマンション・アパート
光回線5,271円3,974円
ホームルーター4,093円
モバイルルーター5,434円3,700円
インターネットの平均月額料金

だいたい戸建てでは5,000円くらい、マンション・アパートでは4,000円くらい使っている人が多いようです。

モバイルルーターの場合は月間使えるデータ通信量によって料金が大きく変わるので、ライトユーザーなら2,000円台に抑えることも可能です(一人あたり)。

上記の平均月額料金よりも1,000円以上支払っている場合は、節約の余地があるかもしれませんね。

光回線の利用者データの収集方法について
  • 2023年7月にクラウドソーシングサイト「ランサーズ」にて、光回線の利用者72人にアンケートを実施しました。
  • 当記事に記載している集計データは全てアンケート結果より引用しています。

インターネットを安く使う方法6つ

インターネット回線を安く使う方法6つ

インターネットはなるべく安く、費用をかけずに使いたいと考えている人は多いと思います。

インターネットを安く使う方法は6つあります。

それぞれ見ていきましょう。

月額料金が安いインターネット回線を選ぶ

月額料金は毎月支払う費用なので、月額料金が安いほどネットにかかるコストを削減することができます。

例えば、東日本エリアの戸建てでフレッツ光を使っている場合、業界最安クラスの@スマート光に乗り換えることで月額1,760円も安くすることができます

 フレッツ光@スマート光
月額料金6,490円4,730円
※フレッツ光はプロバイダがYahoo!BBの場合。

一度月額料金が安いインターネット回線に乗り換えてしまえば、あとは自動的に節約できますよ。

スマホとセット割を組む

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホは、指定のインターネット回線とセットで利用すると毎月割引を受けられます。

スマホセット割対象のインターネット回線セット割の割引額/月
ドコモドコモ光ドコモhome 5G550~1,100円
auauひかりWiMAXなど550~1,100円
ソフトバンクソフトバンク光NURO光モバレコAir550~1,100円
ワイモバイルソフトバンク光モバレコAir550~1,100円
UQモバイルauひかりWiMAXなど638~1,100円
ahamo、povoenひかり110円
LINEMOなし

例えば、UQモバイルの「くりこしプランS +5G(月額1,628円)」を契約している場合、指定のインターネット回線とセットで利用すると毎月638円が割り引かれ月額990円で利用できます。

さらに、キャリアのスマホなら家族のスマホも最大10~20回線が割引対象になります。

このように、スマホとセット割を組めるインターネット回線を選ぶことは、手っ取り早く通信費を安くできる方法と言えますね。

キャッシュバックキャンペーンを利用する

インターネット回線の中には、申し込み特典として数万円のキャッシュバックをするキャンペーンを実施しているところがあります。

 最大キャッシュバック金額
auひかり64,000円
ドコモ光38,000円
GMOとくとくBB光30,000円
ソフトバンク光40,000円
とくとくBBホームWiFi32,000円

例えば40,000円のキャッシュバックをもらって2年間使う場合、実質的に毎月1,600円ほどの割引を受けていることになります。月額料金自体が安くなるわけではなりませんが、実質の月額料金を下げられるわけです。

キャンペーンに魅力を感じる人は、キャッシュバックがあるインターネット回線を選ぶのもおすすめです。

光回線なら工事費無料のキャンペーンを利用する

光回線は新規で申し込む場合は工事費が発生してしまいます。

しかし、工事費が無料または実質無料になるキャンペーンを実施している事業者もあります。

 戸建てタイプ
@スマート光最大19,800円 → 無料
GMOとくとくBB光最大26,400円 → 実質無料
エキサイトMEC光22,000円 → 無料
NURO光44,000円 → 実質無料

光回線を選ぶ時は、なるべく工事費が無料または実質無料になるキャンペーンを使うのがおすすめです。

オプション加入は最低限に抑える

オプションは月額500~1,500円くらいのものまで様々ですが、毎月の月額料金にかかってくるため、一つ加入しているだけで料金が高いと感じてしまいます。

「もしかしたら必要になるかも」と思って加入した場合でも、利用頻度が低ければ解約するようにしましょう。

また、インターネット回線の申し込み時に、オプション加入をキャッシュバックの条件としている窓口では申し込まないようにしましょう。

ライトユーザーはスマホのテザリングを使う

テザリングとは、スマホをポケットWiFiのように使って、パソコンやタブレットをインターネット接続させる方法です。テザリングでインターネット接続する際はスマホのデータ通信量を消費しますので、別途インターネット回線を契約する必要がありません。

テザリングは有料オプションとして提供されているキャリアもありますが、無料のキャリアも多いです。

ただし、スマホのバッテリー消費が早く、光回線よりも速度が遅いというデメリットもあります。

どちらかというと、一人暮らしであまりインターネットを使わないライトユーザーにおすすめの方法です。

安いインターネット選びでよくある質問

最後に、当ブログの無料相談でよくある質問をいくつか載せておきますね。

安いインターネットを選ぶ際の参考にしてみてください。

戸建ての安いインターネットは?

戸建てで使う安いインターネットとしては、光回線またはホームルーターがおすすめです。

月額料金の相場
光回線5,000~5,500円程度
ホームルーター4,500~5,000円程度

家族みんなでネットを使ったりオンラインゲームをプレイしたりする場合は、光回線がおすすめです。

家族にヘビーユーザーがいない場合はホームルーターでも良いでしょう。

マンション・アパートの安いインターネットは?

マンション・アパートで使う安いインターネットとしては、光回線・ホームルーター・ポケット型WiFiの3つがおすすめです。

月額料金の相場
光回線3,500~4,500円程度
ホームルーター4,500~5,000円程度
ポケット型WiFi2,000~3,000円程度

家族でネットを使ったりオンラインゲームをプレイしたりする場合は、光回線がおすすめです。

家族にヘビーユーザーがいない場合はホームルーターでも良いでしょう。

ライトユーザーの単身者ならポケット型WiFiでも十分です。

一人暮らしのインターネットの料金はどれくらい?

当ブログの独自調査によれば、一人暮らしのインターネットの平均月額料金は次のようになっています。

戸建てマンション・アパート
光回線4,912円3,990円
ホームルーター4,759円
ポケット型WiFi3,624円

目安としては、一日あたりのYoutubeの視聴時間が2~3時間程度のライトユーザーならポケット型WiFi、それ以上の利用頻度またはオンラインゲームをプレイするなら光回線ホームルーターがおすすめです。

一人暮らしのネット選びについては、下の記事で詳しく解説しています。

インターネットとテレビを安く使いたいんだけど?

インターネットと光テレビを安く利用できるのは、次の光回線です。

  • 光コラボ・・・ドコモ光やソフトバンク光、OCN光、ビッグローブ光、GMOとくとくBB光、@スマート光など、NTTの光回線を使ったサービス
  • 地域限定の光回線・・・コミュファ光、eo光、メガ・エッグ、ピカラ光、BBIQ

だいたい月額500~800円程度で光テレビを利用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インターネット回線を色々調べると、高額キャッシュバックなどのキャンペーンをやっているサービスもありますが、『不要なオプションに加入させられる』『もらえるまでに1年くらいかかる』『手続きが面倒くさい』と大変だったりします。

それなら、『月額料金が安ければそれだけでいいんじゃない!?』と思って今回の記事にしてみました。

まとめると、安い月額料金で使えるおすすめのインターネット回線は次の3つです。

  1. 最安級の光回線
    → @スマート光
  2. 最安級のホームルーター
     とくとくBBホームWi-Fi
  3. 最安級のポケット型WiFi
     MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)

ぜひ、あなたのインターネット回線選びの候補として役立ててくださいね^^

下の記事では、当サイトの無料相談に寄せられた質問と回答を公開しています。興味がある方は、こちらも参考にしてみてください^^

少しでも月額料金が安く、安心して使えるインターネットを教えてください。

お役に立てたらいいね・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、1つでいいのでいいねやシェアをしていただけませんか?

これからも役に立つコンテンツを作っていく励みになります^^*

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

 

お困りの方は是非お気軽にご相談下さい

お気軽にご相談ください

ネット回線選びでこんな風に困っていませんか?

このような方はぜひご相談ください!
  • 光回線に興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • インターネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線選びに疲れた
  • そもそもインターネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったインターネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。

  • URLをコピーしました!

読者の方からのコメント

コメントする

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

・まだコメントはありません。

目次